スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムーミンポイント

アニメ「楽しいムーミン一家」に、ハマってしまいました。
間違いなく名作だけど、先週もドリフと大喜利にハマってしまった私、そうサボってばかりもいられない。
と、いうわけで、「ムーミンポイント制度」を導入することに。

イラスト・パソコン関係の作業・勉強2時間で、1ムーミン。
簿記のテキスト1章で、1ムーミン。
3ムーミンで、一話分のアニメを見る。

意外と効果は高かったようで、集中力も増したかも?
やっぱり仕事も遊びもバランスよく、が一番のようです♪
だってこんな名作を見ないなんてもったいないもの。

それにしてもムーミンママのマイペースさ(器の大きさ?)は、すごい。
スポンサーサイト

クレアおばさんの底力!?

牛肉がかなりの安売りだったので、夕ご飯は久々にハヤシライス。
おそらくこの手の「ルー」では最も安いのではないかと思う「クレアおばさん」で。
実はかなりおいしくできました。
見くびっていた・・・クレアおばさんの実力を。
でも煮込みの前にブランデーを少々入れたので、そのおかげかもしれず。
「お肉にブランデー」の組み合わせは、漫画『MASTERキートン』の中でから揚げに使われていたのを見て、一度やってみたかったのです。
なんにせよ、おいしかったのでちょっと幸せ。
それと今日は偶然懐かしい人に出会えたので、もひとつ幸せ。

せっせ、せっせ



「HACONIWA」さんでのグッズ販売、なかなか好評を頂いているようですニコニコマーク
もちろん私の力というよりもお店の方々のお力あって。だって可愛いお店だし。
ありがたや~・・・しかし、タカをくくって少ない納品数にしていたため、いくつか売り切れが出てしまいました。
すみません・・・
という訳で地道にストラップ制作作業中。思っていたよりポストカード印刷に時間がかかってしまい、あんまり進んでいないのですが・・・。

strap 005

このイラスト部分とレース編みの手作り部分とをつなぎ合わせて作っています。
下の写真がそのレース部分。

strap 003

完成すればラッピングして終了!
今のところホワイト・パープル+クリスマス時期のみ限定クリスマスレッド(つまり今の時期は出していません)の3種類ですが、そろそろブルー系のも作ってみたいな~・・・などと思いつつ、実はこれを作っていただいていた業者さんがグッズ作成をやめてしまいまして、小ロットで仕上がりも良くて採算も合う業者さんを探さねばならないのです。なのでストラップの在庫も明後日納品予定の5つのみになってしまいました。ナンテコッタ・・・!もしもこのブログを見て「欲しい!」と思って下さった方は、どうぞお早めにお店の方までおいで下さいませ。

もう一度、「HACONIWA」さんの所在地と連絡先です。また私のグッズの販売期間は2月末までとなっております。

HACONIWA
福岡市早良区西新5-8-27(西新商店街1F)
営業時間 10:00~19:00
定休日 日曜日
TEL 092-400-9650

西新プラリバ(地下鉄西新駅と直結)を出て正面にある商店街に入り、まっすぐ進んで眼鏡屋さんとドトールコーヒーのある角をさらに直進します。しばらく歩けば左手に見えてきます。
よろしくお願い致します。

あっ、お店の写真もアップしなきゃ・・・。

「もうあの頃には戻れない」

時に髪型というのは、気分も変える。
昨日、美容師さんの練習の為のカットモデルとして、カットとパーマをしてもらった。
元が強いクセ毛なので、パーマも上の部分のみストレートパーマで、カットと仕上げで形を整える事に。
仕上がりは、上々。クセ毛がゆるいパーマのようになって、くるくると毛先が踊る。ボサボサだった髪にはツヤが生まれ、子供の頃のような「天使の輪っか」ができていた。ルンルン気分で家に帰り、鏡を見て再度にんまり。これでも一応女のはしくれ、お洒落だって嫌いじゃない(ただお金がない)。
今まで嫌っていた自分のクセ毛が、水を得た魚のように活力を帯び、生き生きとしている。
そうか、これがお前の実力か。私はお前を誤解していた。ずっと日陰になっていたお前と、これからは共に歩もう、自信を持って。すまなかった、ありがとう。もちろん美容師さん、ありがとう─────。

さてその翌日、すなわち今日の朝である。起き出した私は、鏡を見て首をひねった。
ふんわり感が、消えている。
昨日教わった通りにワックスをつけて頑張ってみたが、やっぱり戻らない、あのふんわり感。やはりプロのようにはいかないものである。
しげしげと、鏡を見つめる。心の中で自分のクセ毛に語りかけながら。
おいおい、今日は随分大人しいじゃないか。いつもの元気はどうしたんだ。もっと自信を持っ・・・・・・

───その瞬間、鏡に映る自分の髪型が、ある人に似ている事に気がついた。

「や・・・・・・・・・・・・

・・・山ちゃん・・・・・・・・・?」

以前、顔がしずちゃんに似ていると言われた事がある。その私が、今や山ちゃんカットである。
一人南海キャンディーズ。
ああ、一人南海キャンディーズ(ショックのあまり、2回言いましたよ。)!
戻れない、もうあの頃には、戻れない。あの頃っていつの頃?パニック起こしつつも、とにかくもう、戻れはしない。
ならば前進あるのみか、でも前ってどっちだ。

僕の前に道はない、なすところなく、日は暮れる・・・。

「絵は糸に会うと書く」

彼女に会うまでは、私はそんな風にして絵と、誰かや何かとの出会いなど考えた事がありませんでした。
Tさん、
全日本花鳥画展受賞、おめでとうっっっ!!!!
あなたの頑張りを見ていると、私も勇気が湧いてきます。

夜型になりつつあります

ここのところ、夜になると目がすっかり冴えてくるのです・・・。
イラストや簿記の勉強もあるのですが、

あるのですが、

だ け ど 、

・・・・・・・・・実は、「笑点」の「大喜利」と、ドリフコントにハマってしまいまして。
夜な夜なYouTubeで動画を見てしまっているという・・・・・・。
こんな子でごめんなさい、お母さん。

変えようかな。

比較的最近リニューアルしたばっかりではありますが、ホームページを「ねこの小部屋」から「atelier pocket」に変えようかと思います。アドレスはそのままですが、もうちょっとお仕事仕様に変更しようかと・・・。
屋号「atelier pocket」もせっかくつけたんだし、広めないともったいないですもんね。そしてこのブログを「ねこの小部屋」として再出発するとしましょう。

・・・と、言いつつ、まださっきデザインを始めたばっかりです(笑)
リニューアル、一体いつになることやら・・・。

寒さは続くよどこまでも

寒い。
寒さというのはつらい、本当につらい。
そう寒がりの私は考える。
暖房もつけているのに、手足の先がかじかんで、感覚がなくなってくる。手足が冷たい、体温が・・・・・・ない?私の体温は外気と同じなのか?手足は外と同化してしまったのか?このまま放って置くと徐々に体も同化して、ついには私という人間そのものも外気と化してしまうのではないか、朝目を覚ました時に「人間の私」はどこにもいなくなっているのではあるまいか────!?
・・・・・・・・・と、そんなマイナスかつファンタジックな幻想にとらわれてみたりしつつ、この一週間をしのいできた。
冷え込みに「しんしん」という擬態語をつけた人は凄い。日が落ちてから、ことに真夜中に窓際で作業をする時の感覚はまさに「しんしん」である。
そんな「しんしん」をどうにかしたい。
ゆたぽん、毛布、熱い風呂。
フリース、ババシャツ、もこもこスリッパ。
しかしそれでもやっぱり寒い。それでも足りない、何が足りない?ウランを発見したキュリー夫人は椅子を背負って寒さを紛らわせたというが、それはなんぼなんでもムチャであろう(※子供の頃に伝記で読んだだけ。本当かどうかは知らない)。
ふいに、ある考えが浮かんだ。押してだめなら引いてみな、外がダメなら内側から。
そう、内側から暖めればいいではないか!
脳が記憶の糸をたぐり寄せる。あれを見たのは、いつだったか。

『これはいい、手足の先まであったまる』

───そういいながら顔をほころばせる中国のおじいさん、その番組は・・・・・・

「大地の子」

飲んでいたのは

「トウガラシ湯」

・・・「怖いものみたさ」という言葉がある。「藁にもすがる」という言葉もある。既に私の頭の中では、「大地の子」のテーマが、リフレインし始めていた。

『・・・大地の子 ・・・私はこの、大地の子です・・・!』

というわけで、えぃっ!ゴクリ。・・・・・・・・・

結果としては、一時的に効果はあった。さすがはカプサイシン、そして中国四千年の知恵である。
しかし、しかし、やっぱり決しておいしくない。わかっちゃいたけどおいしくない。

「・・・早く春が来ないかなぁ・・・・・・。」
何十年何百年、人類が言い続けてきたであろうこの言葉を、私もまた呟く冬の夜であった。

最近よく会うあのコ

hakusekirei.jpg

11月に能古島で連続4回、近所の商店街で1回。
ハクセキレイというのですが、1mくらいの至近距離でこの鳥に出会った回数です。
もう運命としか思えません(笑)!
嬉しかったので描いてみました。

1/20~2/29

haconiwaグッズ

20日から2月末まで、西新商店街内BOXショップHACONIWA」さんにて、ぬいぐるみなどグッズを置いていただく事になりました!まだOPEN前ですが、お店の内装などかなり可愛いお洒落な場所です。アクセスもいいので周りのお店も含めてお買い物したり、お近くの方もそうでない方も、是非一度いらしてみて下さい♪こっそり良いお店がいっぱいある所ですよ~。

HACONIWA
福岡市早良区西新5-8-27(西新商店街1F)
営業時間 10:00~19:00
定休日 日曜日
TEL 092-400-9650

ちょっと女優さん気分、かも、いや言い過ぎかも。

普段描くのとはタッチの違うイラストを、制作中。
ファッションに疎い私が、ファッション系のイラストとは・・・。
早速本屋さんに行って、普段決して開きもしないヘアカタログを吟味!
傍から見れば自分カクメイ真っ最中の女性に見えるかもしれない。
もしかしたらそこに何がしかのドラマを想定されてしまうかもしれない。
しかし、こちとら仕事の真っ最中!せっかく資料として買うのだもの、これからそこそこ長く使えて応用が利いて、化粧やモデルの女性のタイプも含めてバリエーションに富んだものを。ついでに内容の割に安いのがいいな・・・。
6,7冊の比較検討の後1冊だけ選び、購入。
ページをめくる時も、真剣そのもの。かなり、いつになく・・・。
そうしてみて気付いた事。
見る側に訴えかけるイラストを描くには、見る側の気持ちを考える事。
あんまりにも当たり前すぎる事だけど・・・・・・。
というわけで、その時だけは私は「オシャレに気を使う女性」になる。
「理想の自分像」を、探し求める。
オトメモードじっと(ああ何て気持ち悪い!)に、チェンジ!

・・・こんな風に「違う自分」を演じてみるというのは、もしかしたら女優さんと同じ部分があるかもしれない。演じるのが人間ではなく絵だから、どんなものにでもなれる。なんて考えると、ちょっと楽しくなってきた。

さ・・・寒いです・・・・・・!!

寒いです!
それしか言えない!!






でも、冬らしさにホッとする時もあるのですが。

おお、カットモデル。

今日駅構内で呼び止められ・・・
新人美容師さんの教育用カットモデルをすることになりました♪
その方によるとカット&パーマだそうで。
28年間ずっと染めたり巻いたりはせずに暮らしてきたので、『パ、パーマっすか!?』と内心思いつつ、でもちょっと楽しみだったり。
以前もカットでなく縮毛矯正はやってもらった事があるのですが、その時は・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

「・・・・・・せ、正統派~~~(汗)!!なんかすっごく正統派~~~~(取り返しのつかない現実に必死)!!!!」

と、言われましたとさ。

存在という凶器

「んぎゅっ!」

私の心の中の、何かが鳴った。
とある文房具売り場。パンダの写真のファイルを前に、私はしばらく動けなくなった。
そもそも消耗品の買い出しの為に来たはずなのだが、何かをしようとしては脱線し、あげくに本来の目的を忘れてしまいやすい性格、すぐにそのクセが出てしまった。
どうせクリアファイルも必要ではあるし、1~2枚買ったといってバチは当たるまい。当たるまいが、こんなかわいいファイルでは仕事に集中できなくなりはしないか。何より友人達に「じっと・パンダマニア疑惑」が浮上したりはしないか(そうした誤解から年々白クマグッズが増えている人を知っている・・・)。あげく「むしろあいつ、パンダなんじゃね?」とか、言われたりはしないだろうか!
・・・なんて逡巡しているように見えて、心は既にファイルを選んでいる。だってパンダが呼んでいるから。つぶらな瞳で呼んでいるから・・・。
「かわいいのうかわいいのう、ほうこちらもまた・・・よいではないか、よいではないか」
何やら悪代官のようなセリフを心の中でつぶやきつつ、「よいではないか」で2枚購入。ひとりでに顔がほころぶ。
このファイル、1枚が3つのポケットに分かれていて分類がしやすく、サイズも領収書なんかを入れるのにはピッタリ。けっこういい買い物を・・・・・・
なんてあぁもう、えぇいそんなの、要はパンダがかわいかったのだ!それだけで十分じゃないか!!

・・・「かわいさ」というのはやっぱり武器なんだなぁ、としみじみ思った。

ところでこのCM知ってる人って、珍しいんですか?

「じゃんけん、ぽん」

「ちーよー○ーとーどーんーぶーりっ」

「じゃんけん、ぽんっ」

『・・・ケンちゃんは、チョキばっかり』

年末年始にこのCMの話をしたら、ほとんど知ってる人がいなかった・・・・・・。

2009年、最初のドキドキ

新年が、明けた。
2009年、今年私は、どう動いていくのか。古い自分を捨て去って、新しい自分へ。
atelier pocket、ドッキドキのスタートである。
根が小心者の私は、「独立」という言葉を口にするだけで心は震え、怖れや希望、不安全てがないまぜになってたまらなくなってしまう。周りに心強い方々がいるからこそ地に足を踏みしめる事もできるけれど、いつふわふわと浮いてしまうか分かったものではないのだ。
そんな今年の正月は、いつもよりもゆっくりと過ごした。一人兄を欠いての一家の集合だったが、それすらももうそろそろ貴重なものになってきたと思う。とっておきのごちそうをおなかいっぱい食べに食べ、お酒を飲んで父と語らう。
年齢は四半世紀をとうに超え、今更になってやっと「当たり前の幸せ」を噛みしめた。そうやって英気を養い、これからの自分を奮い立たせる。結果はどうなるか分からない。それでも、前を見つめる自分であらねば───。
そんなドッキドキの2009年、最初のドッキドキは思いのほか早くにやって来た。私の心を驚愕させるに足る、身近であるがゆえに気付かなかった真実。

「い・・・・・・・・・いってんごきろ・・・・・・・・・!!!!」

デジタルの体重計が増加を告げる。いくら基本がアナログな私でも、否定しようのない事実であった。
努力よりも何よりも、母の作ったおせち料理ほどミになりやすいものは、ないのかもしれない。

心地よい場所。⑤~のこのしまアイランドパーク思ひ出通り~

omoidedo-ri1.jpg
私の絵の特徴として、丸っこい輪郭と共に黒ゴマのような、何かの雫のような、ちょぼんとした目があるのだが、今回は全員がにっこり笑顔になってしまった。撮らせていただいた写真もそうだが、記憶を辿ってみても、笑顔ばかりが浮かぶ気がする。そのくらい、この場所の思い出が楽しかったという事だと思う。
能古島。
ここの空気は、なんと清々しく健康なことだろう。
秋から冬へ、吹く風は冷たくなり始めていたけれど、人の心は温かかった。
実を言えば、それまでの私の心は暗澹としたものだった。先の見えない将来への不安・焦燥、関係する店舗の閉店や知人の急死、環境や周りのせいにするのは良くない事だけれども、この数年の内に起った出来事は、いつしか私の体内に澱のように溜まってゆき、気持ちを暗くさせていた。以前は色鮮やかに見えていた景色も、徐々に色彩を失い、灰色の雲が垂れ込める。そんな気持ちを晴らしてくれたのがこの場所と、ここで働く人達だった。
「思ひ出通り」の名の通り、ノスタルジックな店が並ぶこの場所で、私達ART BIRDSメンバーが展示をさせていただいたのはつい一カ月ほど前の事。「NPO自然生活学校」という団体の主催で、晴れがましくも第1回目のアートイベントに参加させていただくことになったのだ。1か月しか経っていないのに、早くも懐かしく感じる場所である。
私が個展をさせていただいたのはその中のカフェ「夢路」という場所。前の日記に写真も載せているのでお分かりかと思うが、とても可愛いお店である。「夢路」さんももちろんだけども、本当に周りの方々には良くしていただいて、恐縮するやら(←変なところで恐縮する癖があって申し訳ないです)嬉しいやら、期間が終わりに近づくにつれ、メンバー全員、寂しい、寂しいと連呼していた。
最終日に能古島を後にする頃には、元気をいただいたのだろう、来る前まで私の心を覆っていた暗い雲は、きれいさっぱり吹き飛ばされて、晴れやかな気持ちになっていた。周りのいろんな人達に、ありがたいと思った。本当に、心の底から。そして自分ももう一度、自分自身の幸せもしっかり見据えて、これからの道を踏み出そう。

今回の機会を与えて下さったNPO自然生活学校の皆様、のこのしまアイランドパークの皆様、フライヤーを置いて下さったお店やギャラリーなど、皆様にこの場を借りて改めてお礼を申し上げたいと思います。
本当に、ありがとうございました!
omoidedo-ri2.jpg
↑思ひ出通りの皆さん。また能古島に行った時にはよろしくお願いいたします!
プロフィール

じっと

Author:じっと
福岡でフリーのイラストレーターをしています。
'09年6月より「atelier pocket」としての活動も開始。
丸っこくてふかふかしたものが好き。それが高じてか、イラストの他にぬいぐるみまで作ることも。

本家ホームページ↓もよろしくお願いします。
HP「atelier pocket」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。