スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアソラを聴きながら

アストル・ピアソラという人の音楽を、新しいトップ画像を作りながら聴いていた。

・・・ふいに、イラスト描きとしての「魔」がさしました。

「このおっちゃん(失礼)の似顔絵を、描いてやろう!」

そもそも西洋人の顔を描くのは苦手なのですが、あえて、というか落書きだし、やってみよう。
というわけでYOU TUBEの動画を見ながら、適当に。
それがこれ。
piazzolla1.jpg

あんまり風格がないけど、多少は雰囲気が出せただろうか・・・
うーん、でもさらにこれを自分のタッチにしてみたら。・・・・・・



not-piazzolla.jpg

うわぁぁ、ただの坊さんになってしもたーーー!!!
顔を描き終わって服に移る時、自然と袈裟を描いていました。数珠を持たせて、はい、完成・・・・・・

違ーーーーーう!!!!

せめてお詫びに、演奏が終わって満ち足りた顔で拍手を受けるピアソラさんです。

piazzolla2.jpg
スポンサーサイト

さらにもう少し自分の絵に近づけてみる。

昨日の「北斎漫画」にもうちょっとアレンジを加えてみました。


hokusai-j2.jpg
↑「あーれー」から「きゃー」へ。なんかそんな感じに変わった気がする。
hokusai-j4.jpg
↑これは昨日は描いていなかったけど、なんとなく描いてみました。
hokusai-j3.jpg
hokusai-j5.jpg
↑おじさんを可愛らしく描くのは難しい・・・もうちょっとしっかりデフォルメして描けばいいかなぁ。

いっちょ、気楽に描いてみよう!

───楽な気持ちで描いてみよう。
ふいに、そう思った。
きっかけはついこの間図書館で借りてきた『北斎漫画』。
北斎といえば波と富士山を描いたあの絵を思い出すけれど、これだけ北斎のみで一気に絵を見るのは久しぶり。
見ていて思った。

「北斎さん、これ描いてて楽しかっただろうなぁ」

いや、楽しかったに決まっている。そう思うのだ。
のびのびして、いきいきして、楽しくないわけがない。
そんな絵をそのまんま模写するのも、たまにはいいんじゃないか。
それか、自分のタッチで描くのもいい。
うん、やってみよう。決めた。
というわけで、やってみました。
気に入った絵、5カットばかり。
はい。

hokusai2.jpg
↑ぶんぶく茶釜に驚いて腰抜かす人達。
オーバーなリアクションがたまりません。
hokusai3.jpg
↑空から金魚が降ってくる!?
普通、こんなポーズで金魚、描かないでしょう。
・・・ついセリフつけちゃいました。
hokusa4.jpg
↑○太君、何で江戸時代に!?
・・・ではなくて、「テン」なのだそうですよ。
hokusai5.jpg

最後がちょっとお見苦しいですが(笑)。

あえてこういうの


tokage.jpg
dangomushi.jpg
多くの人が「かわいい」と認識する生き物以外を、描いてみる。

まだまだこころみる。

キリン、です。
なぜか資料を「見ながら」描くよりも、ざーっと目を通した後に記憶だけで何も見ずに描く方が、出来が良かった・・・。
なので細かい所は、違っているかも。


プロフィール

じっと

Author:じっと
福岡でフリーのイラストレーターをしています。
'09年6月より「atelier pocket」としての活動も開始。
丸っこくてふかふかしたものが好き。それが高じてか、イラストの他にぬいぐるみまで作ることも。

本家ホームページ↓もよろしくお願いします。
HP「atelier pocket」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。